ワンちゃんの病気

ワンちゃんのよくある症状と考えられる病気

嘔吐・下痢

嘔吐・下痢は、食事やストレス、炎症などさまざまな原因で引き起こされる胃腸炎や、寄生虫やウイルスに感染することで起こる感染症、内臓疾患などさまざまな病気が考えられます。
すぐに治ったときは心配ありませんが、元気がない場合、症状が続く場合、心配なときは受診してください。

考えられる病気

胃腸炎、感染症、腎疾患、肝疾患、腫瘍など

脱毛・かゆみ

後ろ足で耳や身体をかきむしる、足をしきりに舐めるときは、ストレスのほか、感染性皮膚炎や、ノミ・ダニが原因のことが多くあります。
脱毛は、かゆみによるかきすぎや皮膚の病気だけではなく、甲状腺機能障害や副腎皮質機能亢進症のこともありますので、一度受診いただくと安心です。

考えられる病気

感染症、心因性、アレルギー性皮膚炎、アトピー、副腎皮質機能亢進症など

咳・息が荒い

咳や呼吸の異常は、心臓や気管支の病気などが疑われます。気管が押しつぶされて呼吸困難となる気管虚脱は、小型犬が多くかかります。空気の通り道が圧迫されることで息が苦しくなる軟口蓋過長症は、パグなどの短頭種によく見られます。

考えられる病気

心臓疾患、気管虚脱、ケンネルコフ(伝染性気管支炎)、気管支炎、肺炎、軟口蓋過長症、腫瘍など

おしっこの異常

おしっこの異常には、血尿・頻尿・尿漏れなどがあります。血尿・頻尿の場合は細菌感染や膀胱結石による膀胱炎のことが多く、尿漏れは、加齢のほか腎疾患や糖尿病にかかったことによる水の飲み過ぎも原因となります。
おしっこの量が急に増えてきたときは注意してください。

考えられる病気

膀胱炎、腎不全、糖尿病、腫瘍など

皮膚のできもの

ワンちゃんは比較的できものができやすい動物です。心配ないケースも多いのですが、しこりのようなものが触れる場合には、良性悪性いずれかの腫瘍の可能性があります。
かさぶたや毛玉のこともありますが、一度お早めに診せていただければと思います。

考えられる病気

腫瘍、皮膚炎など

目ヤニ・涙がひどい・目の充血

目ヤニの色が黄色や緑色などの場合や、涙がひどく出る、目が充血している場合は、目の病気やケガのことがあります。また、目につく寄生虫に感染したときも目ヤニがひどくなります。
気にして目をこすり、角膜に傷をつけることもあるので放置せずに早めに治療しましょう。

考えられる病気

結膜炎、外傷(角膜損傷など)、緑内障、ドライアイ、東洋眼虫、腫瘍など

歩き方がおかしい

歩き方がおかしいと感じる場合は、椎間板ヘルニア、関節炎のほか、肉球にトゲなどが刺さっている、傷が付いたなどの外傷のことがあります。
突然後ろ足をケンケンさせて歩くようになってまたすぐに元に戻る場合は、小型犬によく発生する膝蓋骨内方脱臼かもしれません。

考えられる病気

椎間板ヘルニア、膝蓋骨内方脱臼、関節炎、足裏の皮膚炎・外傷など

おしっこが多い

おしっこの量が多いということは、水を大量に飲んでいるということです。心臓や腎臓の病気にかかると水を多量に飲むようになります。
また、おしっこの量が増えたことに加えて、脱毛や食欲増進、お腹が出ているなどの症状がある場合は、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌される副腎皮質機能亢進症のことがあります。

考えられる病気

尿崩症、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、腎不全、肝疾患など

口が臭い

ワンちゃんの口臭には内臓の病気や食べ物も影響しますが、ほとんどの場合、歯石が付いているなど口の中の不衛生が原因です。特に臭いがきつい場合は、歯肉炎を起こしていることがあります。人間と同じで、歯周病は放置すると全身にかかわります。また、口の中の腫瘍が臭いの原因のこともありますので、軽視せずにご相談ください。

考えられる病気

歯石、歯肉炎、口の中の腫瘍、腎不全など